不用品回収業者とのトラブル

2016-06-23 20:57:22

不用品回収業者とのトラブル

不要になった家具や家電、遺品整理にハウスクリーニングなど、幅広い依頼のできる不用品回収業者。
便利な不用品回収業者ではありますが、消費者との間でトラブルが起きることもあります。

不用品回収業者との間に起こるトラブルのほとんどは、金額に関するものです。

例えば、
「回収料は無料だと言われたが、あとで有料だと言われた」
「見積もりよりもはるかに多くの金額を請求された」
「お金を払って不用品を回収してもらったのに、後日回収品を道端へ不法投棄していた」
「依頼していないものまで勝手に車へ積み込み、その分の料金まで請求された」
などなど、ひどいものばかりです。

こういったトラブルになるような悪徳業者を選ばないようにすることが大切です。

「無料回収」を信じてはいけない!

「不用品をなんでも無料で回収します」とアナウンスしてトラックで回っている業者を見かけたことはありませんか?
住宅街などで多く見かけますが、ああいった業者にいざ声をかけてみると、「全て無料ではない」と言って お金を取る場合があります。

不用品回収は基本的にお金がかかるものです。
「有料が基本」と心得て、一度見積もりを立ててもらいましょう。

どのくらい不用品があるのか把握しておく

ここまで悪徳な業者の話をしてきましたが、依頼側にも問題がある場合もあります。

例えばごみの量をきちんと把握していなければ、正しく見積もることはできません。 事前に伝えていた見積もりの量よりも、不用品の量が増えれば金額があがるのは当たりまえです。

こういった場合は自己責任です。 見積もり時には必ず、実際に処分をしてもらう分の不用品と、その不用品の状態をきちんと伝えてください。

断る勇気が大切!

トラブルを起こすような悪徳業者は、どこも高圧的な態度をとってきます。
しかしどんなに高圧的でも、見積もりに不満があれば、きちんと断ることが大切です。

車に積み込んでから、見積金額を変更するなどは論外です。 そういった場合は「消費者センターへ通報しますよ」と言い切っても大丈夫です。

とは言えこういったひどい悪徳業者はごく一部です。
ほとんどの不用品回収業者は、とても親切で丁寧に見積もり作業を行ってくれます。 不用品回収業者へ依頼をする前に、正しい知識を身に付け、悪徳業者に騙さないようにしましょう。

このページの先頭へ