パソコンの処分方法いろいろ

2016-06-22 21:32:18

パソコンの処分方法いろいろ

動かなくなってしまったパソコンや、古くなってしまったパソコンなど、 家電製品の中でも比較的買い替えのサイクルが短いのがパソコンであると言えるでしょう。

モニター、マウス、スキャナー、プリンターなどの周辺機器も含め、もう使わない、 買い替えたい、コンピューター関連の道具を処分するにほどうしたらよいでしょうか?

パソコンの処分方法と言っても、その方法は様々です。
代表的な処分方法をいくつか紹介します。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップでパソコンを処分する場合、新しいもの以外はほとんど値段がつかないことが多いようです。
しかし新しいパソコンを処分する場合というのもそうそうないため、あまり現実的ではないでしょう。

ただし引き取ってもらえる場合はラッキーです。
一度見積もりを算出してもらうと良いでしょう。

ネットオークションへ出品

ネットオークションでのパソコンの買取金額はピンキリです。
タイミングなどが重要になってくるようです。

売れればラッキーですが、売れないこともあるのがオークションです。

行政へ処分を依頼

リサイクル料金が取られますが、トラブルなどの心配の無い安心感があります。
パソコンの処分量の相場としては、一式で代替6000円程度のようです。

その反面、割引されたり、無料になったり、などということはありません。

不用品回収業者へ依頼

不用品回収業者へパソコンの処分を依頼すると、基本的にどの業者も割引をしてくれる場合が多いと言えます。
これは、パソコンの本体は付属品など、ほとんどすべてのパーツを転売することができるためです。 パソコンは不用品となっても、資源であり続けるのです。

「古くても大丈夫?」と心配になる方も少なくありませんが、パソコンの基板には、金や銀、白金、サマリウム、ニッケルなど 貴重な資源がたくさんあります。
あまりにも古い、ブラウン管モニターなどの場合は、別途処分量などが発生することもありますが、 基本的には安くある、と思っていいでしょう。

ここで注意してほしいのが、これらはパソコン専門の処理業者に頼んだ場合のみ、ということです。
一般的な不用品回収業者に依頼した場合は、リサイクル技術がそこまで高くないため、処分料が発生することもあります。

必ずいくつかの不用品回収業者に見積もりを出してもらい、比較してから検討してみましょう。

このページの先頭へ